レンタルサーバ比較.jp

法人・ビジネス向け・商用、さらに個人でも使えるレンタルサーバの料金や仕様・特徴を比較。
おすすめ順にランキング化、お得なキャンペーン情報も毎月更新。
最終更新日: 2017-12-01


レンタルサーバの料金・仕様の比較表レンタルサーバを目的・用途で選ぶ

レンタルサーバーおすすめランキング【レンタルサーバ比較.jp】 > よくある質問 > 共用サーバー、VPS、専用サーバーの比較・違い【図表で分かりやすく解説】

1.共用サーバー、VPS、専用サーバーの違いとは?

共用サーバー、VPS、専用サーバーの違いが分かる図
図:共用サーバー、VPS、専用サーバーの違いが分かる図

違い・異なる点を比較

上記の図をご覧になりがながら確認してください。

共用サーバーとは

1台のサーバーを複数の契約者で共有して利用するサーバーのことです。レンタルサーバーといえば一番最初に共用サーバーをイメージします。VPSや専用サーバーはレンタルサーバーとはあんまり言いませんね。

1台のサーバーを複数人で共有して利用するのでどうしてもリソースを分けて使うことになります。ディスク容量は固定でいくらまでと設けられているのが通常ですが、メモリやCPUや回線などは複数の人と共有しているのでタイミング次第で良いときと悪いときがどうしても発生するでしょう。

メリットとしては安価で契約できるという点、運用が楽という点です。月に数百円で利用できるレンタルサーバーもあるくらいなので初心者や初めてレンタルサーバーを利用するという方におすすめです。

デメリットをあげるなら、自由度が少ないのでサーバーでいろいろやってやろうとしてサーバーの設定を変えるなどはできませんし、複数人で利用している以上多少の影響を受けることもあるでしょう。

VPSとは

1台のサーバーを仮想的に分割してその分割された領域を専有できるレンタルサーバーです。VPSは仮想専用サーバーとも呼ばれています。ちなみにVPSはvirtual private serverの略です。

VPSの大きな特徴としては仮想的に自分の領域を確保するので専用サーバーのように扱えます。ですので、ディスクやメモリ、CPU、ネットワークといったリソースは物理的に共有されていても実質は専有して利用することができます。個々にリソースを割り当てるということです。

運用も専用サーバーと同様にして自分で行うことができるのであたかも1台サーバーまるごと持っているかのように利用することができます。ですので、運用は自分たちで行う必要があります。なお、root権限を持つことができるので自由にサーバーのカスタマイズが可能となっています。

VPSは自身でサーバーの構築を行ってウェブサービスを構築するなどサーバー側の設定が必要な場合やリソースを有る程度確保して安定した運用を行いたいという場合におすすめです。運用についてはマネージドと呼ばれる面倒な部分だけお願いすることも可能ですので、共用サーバーのステップアップとして利用するのも良いと思います。共用サーバーのように他のユーザの利用状況に影響がないというのが魅力的ですね。

専用サーバーとは

その名の通りサーバーを1台専有する形となります。VPSと異なるのは仮想的に他のユーザと領域を分割されて提供されているわけではないので完全に専有する形となります。多くのレンタルサーバー会社ではスペックはかなり良いものとなっており、CPUやメモリもかなり積まれているので大規模サイトやウェブサービス、ウェブアプリケーションなどをビジネスとして利用するのにおすすめです。VPSと比べて価格が高いので利用するハードルは少し高いでしょう。

共用・VPS・専用の特徴を比較表でまとめました

下記はそれぞれの特徴を項目別に比較表にまとめました。メリット・デメリットについてもまとめています。

項目 共用サーバー VPS 専用サーバー
料金・コスト
安い

安い
×
高い
スペック ×
低い

高い

高い

自由度 ×
低い

root権限付与

root権限付与
拡張性 ×
低い

OS周りは不可

スケールアップ可
運用
簡単

マネージド
×
難しい
メリット コストが安く運用が楽だからホームページやメールの利用におすすめ。 コストが安くroot権限が付与され、自由度が高いためアプリケーションやウェブサービスなどの構築などにもおすすめ。リソースは確保されるので他のユーザの利用状況に左右されない。 サーバー丸ごと専有できるので自由度はかなり高い。ハードウェアなど物理的なスケールアップなど拡張性に優れている。
デメリット サーバーのカスタマイズやソフトウェアのインストールなど自由に行えない。また、他のユーザの利用状況によっては遅延やサーバーダウンなどの影響を受ける可能性がある。 運用は契約者自身で行うのが通常で運用は楽ではない。ただし、マネージドサービスを受ければある程度共用サーバーに近い運用も可能。拡張性は専用サーバーに比べると低い。 スペックが高い分、料金は高い。運用面も契約者自身で行う必要がある。
おすすめ
ランキング
おすすめランキング おすすめランキング おすすめランキング
比較表 料金・スペックの比較表 料金・スペックの比較表 料金・スペックの比較表

表:共用・VPS・専用の比較表

まとめ

レンタルサーバーの目的にあわせてサーバーの種類を決めましょう。ビジネス・法人でも共用サーバーでも問題ない場合がほとんどです。ウェブアプリケーションなど開発やDB構築などを行うような場合はVPSや専用が良いと思います。中規模サイト以上でも安定稼動を求めるならVPSのマネージドが利用できるプランを選ぶのも良いと思います。

レンタルサーバーの基礎知識・よくある質問一覧

ページの先頭へ


初期費用無料キャンペーン開催中】365日の電話対応だけでなく技術力が高いと評判の老舗レンタルサーバー「カゴヤ」は初心者から上級者まで人気のレンタルサーバーです。ディスクは標準でSDD搭載となって、高速稼働が可能なサーバーになりました。


ビジネス向け、個人でもスモールビジネスを行うなら100%稼働率のGMOクラウドはコスパも良いのでおすすめです。

Sun.png
おすすめランキングarrow_orange.gif総合ランキング
2017年12月版更新


※レンタルサーバーの機能と料金のコストパフォーマンス、今月のキャンペーンを加味してサーバー種別毎におすすめ順にランキング化しています。下記リンクよりご覧ください。

サーバーの種類別でサーバーを探す

共用サーバー おすすめランキング共用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif共用サーバーおすすめランキング

VPS おすすめランキングVPS おすすめランキングarrow_orange.gifVPSおすすめランキング

専用サーバー おすすめランキング専用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif専用サーバーおすすめランキング

BookMark.png
目的別・用途別
ランキング


目的・用途でサーバーを探す

コストパフォーマンスの良さで選ぶ

月額料金が安い・低価格・格安サーバー

サーバーの高稼働率・SLAで選ぶ

大容量サーバー・ディスク容量で選ぶ

ストレージにSSDが利用可能なサーバー

WordPress向け

お試し利用・無料体験が可能

ネットショップ・ECサイト向け

Windows Serverのプランあり

マルチドメイン数が無制限

日本語ドメイン利用可能

データベース(MySLQ等)が無制限

初期費用が無料

CRONが利用可能

グループウェア(サイボウズ)が利用可能


KDDIウェブコミュニケーションズが提供するCPIレンタルサーバーは容量無制限、マルチドメイン、データーベースも無制限、そしてSLA保証もついている最強の法人向けレンタルサーバーです。(もちろん個人利用もOKです)

レンタルサーバ比較.jp公式twitterアカウント

毎月更新!!レンタルサーバーのキャンペーン情報などをいち早くお届け!!



セキュリティ対策が充実している共用サーバーならWebARENA SuiteXがおすすめ!!NTTPCコミュニケーションズのサーバー稼働安定性も嬉しいポイントです。