レンタルサーバ比較.jp

法人・ビジネス向け・商用、さらに個人でも使えるレンタルサーバの料金や仕様・特徴を比較。
おすすめ順にランキング化、お得なキャンペーン情報も毎月更新。
最終更新日: 2017-08-01


レンタルサーバの料金・仕様の比較表レンタルサーバを目的・用途で選ぶ

レンタルサーバーおすすめランキング【レンタルサーバ比較.jp】 > 共用サーバ > ヘテムル レンタルサーバーのメリット・デメリット【口コミ・評判】

ヘテムルの特徴・詳細を分析

ヘテムルpaperboy&co.が提供するレンタルサーバ、「ヘテムル」の仕様、特徴、キャンペーンなどを分析して仕様と機能が分かりやすいスペック表にしました。また、利用するメリット・デメリットも解説するとともに、ヘムテルの口コミは本当か?評判も調査しました。

arrow_orange.gif ヘテムル公式サイト



ヘテムルのサーバスペック・基本仕様・特徴

特徴・概要

ヘテムルはGMOインターネットグループのpaperboy&co.が提供するレンタルサーバです。 特徴的なのは大容量でWordPressが使える複数サイトを運営したい方におすすめの月額1,500円(2年契約なら1,375円、3年契約なら月額1,000円とさらに安い)というコストパフォーマンスにも優れる共用サーバです。 初めてレンタルサーバを使うという方でも良いですし、これからWordPressを利用したいという方にもかんたんインストール機能ががあるので便利です。

サーバ仕様・スペック表

サーバのスペック、基本仕様、特徴を表にしました。

プラン名 heteml ヘテムル
費用・コスト 初期費用 3,950円
月額料金 1,500円 2年契約なら月1,375円、3年契約なら1,000円とさらに安い!
基本スペック サーバ種別 共用サーバー
ディスク容量 200.71GB ファイル上限は1万ファイル
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
日本語ドメイン
グローバルIP ×
CRON
稼働率 -
データセンター 日本国内
Web関連   FTP
転送量 1日40GB
アクセス解析 AWStatsが利用可能
メール関連  メールアドレス 無制限 独自ドメイン利用で無制限
Webメール 携帯電話で利用可能
メーリングリスト 5個 1件当たり500まで
ウイルスメール駆除
迷惑メールフィルタ
スクリプト 独自CGI/SSI 利用規約を確認すること
Perl バージョンは公式サイト参照
Python バージョンは公式サイト参照
Ruby バージョンは公式サイト参照
PHP 4.4.x, 5.2.17, 5.3.19, 5.4.11
データベース MySQL 100個 1契約100個まで
SSL
サーバ証明書 
共用SSL
独自SSL オプション 通常の半額で利用可能
CMS Movable Type Open Source版 5.2.7
WordPress ver. 3.6
Xoops Cube × Xoops Cube Legacy 2.2.2
その他 - baserCMS, SOY CMS, concreate5, Drupal他
オンライン
ショップ
EC-CUBE 2.12.5正式版
ダヴィンチカート ×
ネットショップ
オーナー
×
その他 - Zen Cart
グループウェア サイボウズ
Office
×
サポート 電話・メール 問い合わせフォーム、ユーザフォーラムのみ


ヘテムルのプランは一つのみとなります。 ヘテムルのプラン詳細はこちら

メリット・デメリット、評判はどう?

メリット~こんな方におすすめです

共用サーバでもディスク容量が多いのが特徴で、マルチドメインは無制限なので複数サイトを運用したい方におすすめです。基本的には個人向けユーザが対象となっているので、月額料金もディスク容量の割りに安価ですね。

複数サイト運用にはワードプレスが便利ですが、そのためのデータベースは100個まで作ることができるので十分に対応可能となっています。しかも、ディスク容量は200GBと他のレンタルサーバ会社と比べて比較的多いのが特徴的ですね。ちなみに、初心者でも利用は簡単で、便利な管理画面があるので使いやすいと思います。

他のサービスとしてはECサイト構築ツールの「EC-CUBE」の他様々なウェブアプリケーションが利用可能です。また、SSLにも力を入れているので独自SSLも格安で利用可能です。ヘテムルならグローバルサイン社の直販により通常より半額で提供されています。独自SSLをどうしても使いたいという方には嬉しいですね。 ECサイトを構築するなら独自SSLは避けて通れないと思いますので、その点ヘテムルなら安く独自SSLが利用できてEC-CUBEも使えるのでECサイト、ショッピングサイトの構築では便利に使えそうです。

デメリット~こんな方にはおすすめできません

大規模サイトを構築する、複数サイトでも中規模サイトがたくさんあるという場合には注意が必要です。転送量が1日40GBと制限されているので普通のウェブサイトなら大丈夫かもしれませんが、利用者が多数集まるサイトの構築やアプリケーション、サービスを提供するような場合には念のため注意したほうが良さそうです。

ヘテムルの口コミ・評判

ヘテムルの口コミは本当か?多くのウェブサイトで言われていること、評判はどうなのか。

ヘテムルはドメイン取得サービスで人気のムームードメインを運営するpaperboy&co.が提供しているのでドメイン取得とサーバ利用の相性は良いですね。その点、マルチドメインは無制限に使えるので複数サイトの運営には便利だと思います。ヘテムル自体、10年以上運営されているので信頼性も高まってきていますね。

また、面白い機能がヘテムルには備わっています。スマートフォンアプリからサーバのデータにアクセスできるのが意外と便利ですね。ホームページ用の写真や動画などをサーバにアップするのがスマホから出来て簡単です。サーバーをパーソナルクラウドとして利用できるのも一つの楽しさになりますね。

無料お試しもやっているので興味がある方は是非ご利用ください。管理画面はわかりやすくてシンプルなのが嬉しいです。

arrow_orange.gif詳細はこちら  ヘテムル


共用サーバ一覧

ページの先頭へ


初期費用無料キャンペーン開催中】365日の電話対応だけでなく技術力が高いと評判の老舗レンタルサーバー「カゴヤ」は初心者から上級者まで人気のレンタルサーバーです。ディスクは標準でSDD搭載となって、高速稼働が可能なサーバーになりました。


ビジネス向け、個人でもスモールビジネスを行うなら100%稼働率のGMOクラウドはコスパも良いのでおすすめです。

Sun.png
おすすめランキングarrow_orange.gif総合ランキング
2017年8月版更新


※レンタルサーバーの機能と料金のコストパフォーマンス、今月のキャンペーンを加味してサーバー種別毎におすすめ順にランキング化しています。下記リンクよりご覧ください。

サーバーの種類別でサーバーを探す

共用サーバー おすすめランキング共用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif共用サーバーおすすめランキング

VPS おすすめランキングVPS おすすめランキングarrow_orange.gifVPSおすすめランキング

専用サーバー おすすめランキング専用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif専用サーバーおすすめランキング

BookMark.png
目的別・用途別
ランキング


目的・用途でサーバーを探す

コストパフォーマンスの良さで選ぶ

月額料金が安い・低価格・格安サーバー

サーバーの高稼働率・SLAで選ぶ

大容量サーバー・ディスク容量で選ぶ

ストレージにSSDが利用可能なサーバー

WordPress向け

お試し利用・無料体験が可能

ネットショップ・ECサイト向け

Windows Serverのプランあり

マルチドメイン数が無制限

日本語ドメイン利用可能

データベース(MySLQ等)が無制限

初期費用が無料

CRONが利用可能

グループウェア(サイボウズ)が利用可能


KDDIウェブコミュニケーションズが提供するCPIレンタルサーバーは容量無制限、マルチドメイン、データーベースも無制限、そしてSLA保証もついている最強の法人向けレンタルサーバーです。(もちろん個人利用もOKです)

レンタルサーバ比較.jp公式twitterアカウント

毎月更新!!レンタルサーバーのキャンペーン情報などをいち早くお届け!!



セキュリティ対策が充実している共用サーバーならWebARENA SuiteXがおすすめ!!NTTPCコミュニケーションズのサーバー稼働安定性も嬉しいポイントです。