レンタルサーバ比較.jp

法人・ビジネス向け・商用、さらに個人でも使えるレンタルサーバの料金や仕様・特徴を比較。
おすすめ順にランキング化、お得なキャンペーン情報も毎月更新。
最終更新日: 2017-08-01


レンタルサーバの料金・仕様の比較表レンタルサーバを目的・用途で選ぶ

レンタルサーバーおすすめランキング【レンタルサーバ比較.jp】 > VPS > KDDI CloudCore VPSのメリット・デメリット【口コミ・評判】

CloudCore VPSの特徴・詳細を分析

CloudCore VPSKDDIウェブコミュニケーションズ株式会社が提供するレンタルサーバ、「CloudCore VPS」(クラウドコアVPS)の仕様・特徴などを分析・調査して分かりやすいスペック表にしました。また、CloudCore VPSの口コミは本当か?評判も調査しました。なお、同社が提供する共用サーバーとして無制限がウリのCPIサーバーもありますのでそちらがご希望の方はこちらもご覧ください→CPI共用サーバー

arrow_orange.gif CloudCore VPS公式サイト



CloudCore VPSのサーバスペック・基本仕様・特徴

特徴・概要

CloudCore(クラウドコア)のVPSは共用サーバーのCPIはディスク容量やデータベース無制限がウリでしたが、こちらのCloudCore VPSでは基本的なVPSという印象です。 CloudCore VPSの特徴使いやすいコントロールパネルとKDDIグループとしてのサービス品質を売りにしています。 なお、VPSとしては特に特徴はなく普通のVPSという印象です。

サーバ仕様・スペック表

サーバのスペック、基本仕様、特徴を表にしました。
CloudCore VPS のプラン、CV01、CV02、CV03、CV04を比較します。

プラン名 CloudCore VPS CV01 CV02 CV03 CV04  
費用・コスト 初期費用 無料
3,800円 5,400円 9,500円
月額料金 1,200円 2,300円 4,500円 7,200円 1年契約の年払い時
基本スペック
           
サーバ種別 VPS 
ディスク容量 100GB 300GB 450GB 800GB
メモリ 2GB 6GB 8GB  12GB
CPU 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想6コア
OS Linux LinuxはCentOS, Debian, Ubuntu, Scientific Linux, FreeBSDから選択
パッケージ
ISOアップロード
仮想化エンジン KVM
回線速度 100Mbps 共有回線
グローバルIP 1個
DNSサーバー -
データセンター 日本国内
転送量 無制限  
管理者権限 root権限付与  
SLA ×
耐障害性 RAID -

バックアップ -

コントロールパネル コントロールパネル 独自コントロールパネル
管理ツール

サポート マネージドサービス ×
設定代行 ×
電話・メール 問い合わせフォーム
その他 -



おすすめプラン

accept.png下位プランのCV01なら初期費用無料。また、それなりのスペックを求めるならプランCV02以上がおすすめです。 CloudCore VPSプラン一覧

メリット・デメリット、評判はどう?

メリット~こんな方におすすめです

CloudCore VPSはウェブサービスの開発・運用のために提供されており、一般的なVPSとそん色ないスペックで利用可能となっています。面白いのが、開発者支援制度というサービスも提供しており、1年間の無償提供や勉強会のための会場無償提供などを行っています。完全に開発者向けのVPSと考えて良いでしょう。 それ以外は特にこれといった特徴はありませんので、スペック面や機能面で他社と比較すると他社のほうが良いというケースもあると思います。
プランは4つあり、CPUのコア数やディスク容量、メモリ等のスペックに応じて料金が変動します。下位プランのCV01なら初期費用無料というのは始めやすくて良いですね。

VPSの業界としては老舗のレンタルサーバー会社とGMOなどの大手などが手を広げていますが、大手通信系としてNTTとKDDIグループが競合している状態で、そのKDDIグループはサービス品質などをしっかり求めるなら利用する価値はあるでしょう。安さを求めるなら老舗やGMO系列のVPSを選ぶと良いと思います。

デメリット~こんな方にはおすすめできません

CloudCoreのVPSのデメリットとしては他社に比べてスペック面と料金をみたときにそれほどコストパフォーマンスが良いとはいえない内容となっています。開発者向けの支援制度を利用して勉強や技術力の強化のために使ってみるということではとてもメリットがあると思います。

CloudCore VPS (クラウドコアVPS)の口コミ・評判

CloudCoreのVPSの口コミは本当か?多くのウェブサイトで言われていること、評判はどうなのか。

スペック面と価格におけるコストパフォーマンスは他社のほうが上。ただし、KDDIグループというブランド面やサービス品質でみるなら利用する価値はあると思います。そのサービス担保という意味では「ISO/IEC 27001」(ISMS)や、 ITサービスマネジメントシステムに関する国際規格ISO20000 (ITSMS) を取得しています。

開発者支援制度も面白いサービスなので可能性があるなら申し込んでみるのもありだと思います。


もし利用に際して不安があるようなら20日間の返金保証があるので試してみるのも良いでしょう。

arrow_orange.gif詳細はこちら  CloudCore VPS


VPS一覧

ページの先頭へ


初期費用無料キャンペーン開催中】365日の電話対応だけでなく技術力が高いと評判の老舗レンタルサーバー「カゴヤ」は初心者から上級者まで人気のレンタルサーバーです。ディスクは標準でSDD搭載となって、高速稼働が可能なサーバーになりました。


ビジネス向け、個人でもスモールビジネスを行うなら100%稼働率のGMOクラウドはコスパも良いのでおすすめです。

Sun.png
おすすめランキングarrow_orange.gif総合ランキング
2017年8月版更新


※レンタルサーバーの機能と料金のコストパフォーマンス、今月のキャンペーンを加味してサーバー種別毎におすすめ順にランキング化しています。下記リンクよりご覧ください。

サーバーの種類別でサーバーを探す

共用サーバー おすすめランキング共用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif共用サーバーおすすめランキング

VPS おすすめランキングVPS おすすめランキングarrow_orange.gifVPSおすすめランキング

専用サーバー おすすめランキング専用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif専用サーバーおすすめランキング

BookMark.png
目的別・用途別
ランキング


目的・用途でサーバーを探す

コストパフォーマンスの良さで選ぶ

月額料金が安い・低価格・格安サーバー

サーバーの高稼働率・SLAで選ぶ

大容量サーバー・ディスク容量で選ぶ

ストレージにSSDが利用可能なサーバー

WordPress向け

お試し利用・無料体験が可能

ネットショップ・ECサイト向け

Windows Serverのプランあり

マルチドメイン数が無制限

日本語ドメイン利用可能

データベース(MySLQ等)が無制限

初期費用が無料

CRONが利用可能

グループウェア(サイボウズ)が利用可能


KDDIウェブコミュニケーションズが提供するCPIレンタルサーバーは容量無制限、マルチドメイン、データーベースも無制限、そしてSLA保証もついている最強の法人向けレンタルサーバーです。(もちろん個人利用もOKです)

レンタルサーバ比較.jp公式twitterアカウント

毎月更新!!レンタルサーバーのキャンペーン情報などをいち早くお届け!!



セキュリティ対策が充実している共用サーバーならWebARENA SuiteXがおすすめ!!NTTPCコミュニケーションズのサーバー稼働安定性も嬉しいポイントです。