レンタルサーバ比較.jp

法人・ビジネス向け・商用、さらに個人でも使えるレンタルサーバの料金や仕様・特徴を比較。
おすすめ順にランキング化、お得なキャンペーン情報も毎月更新。
最終更新日: 2017-12-01


レンタルサーバの料金・仕様の比較表レンタルサーバを目的・用途で選ぶ

レンタルサーバーおすすめランキング【レンタルサーバ比較.jp】 > VPS > さくら VPS メリット・デメリット【レンタルサーバーの口コミ・評判】

さくら VPSの特徴・詳細を分析

さくら VPSさくらインターネット社が提供するVPSレンタルサーバ、「さくら VPS」の仕様、特徴、キャンペーンなどを分析して仕様と機能が分かりやすいスペック表にしました。また、利用するメリット・デメリットも解説するとともに、さくらのVPSの口コミは本当か?評判も調査しました。なお、共用サーバーのレビューはこちら→さくらの共用レンタルサーバー

さくらインターネットならではの低料金と高機能、コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーです。

arrow_orange.gif さくらのVPS公式サイト



さくら VPSのサーバスペック・基本仕様・特徴

特徴・概要

共用サーバさくらのレンタルサーバーで人気のさくらインターネットはVPSの提供にも力を入れており、低価格で人気となっています。 特徴的なのは最安プランで月額980円、初期費用無料で始められる点やディスクをHDDかSSDを選べるなど多彩なプランが豊富にある点で目的にあわせてプランを柔軟に選ぶことができるということです。2週間(14日間)の無料お試しも助かりますね。 なお、珍しいサービスとしてHDDとSSDが選べるという点はサーバの性能・スペックを重視している方には嬉しいポイントです。

サーバ仕様・スペック表

サーバのスペック、基本仕様、特徴を表にしました。
さくらVPSのプラン、HDD 1G, 2G, 4G, 8G, SSD 2G, 4G, 8G, 16Gをそれぞれ比較します。

プラン名 さくらVPS HDD
1G
HDD
2G
HDD
4G
HDD
8G
SSD
2G
SSD
4G
SSD
8G
SSD
16G 
 
費用・コスト 初期費用 無料 無料 5,980円 9,980円 1,780円 3,680円 7,980円 15,880円 HDD 2Gはキャンペーンにより初期費用無料
月額料金 899円 1,357円 3,649円 7,315円 1,632円 3,374円 7,315円 14,557円 1年契約の年払い時
基本スペック
    
サーバ種別 VPS 
ディスク容量 100GB 200GB 400GB 800GB 50GB 100GB 200GB 400GB
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 2GB 4GB 8G 16GB
CPU 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想6コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想8コア
OS Linux CentOS, Ubuntu, Debian, FreeBSD, Fedora
パッケージ CentOS, SMTP, SSH
標準OS構成
仮想化エンジン KVM
回線速度 100Mbps 共有回線、ローカルネットワークは1Gbps
グローバルIP IPv4 1個(IPv6 1個) IPv4/Ipv6グローバルIPアドレスの2つ付与
DNSサーバー ネームサーバ設定可能
データセンター 東京/大阪/石狩 石狩 HDDプランは選択可能
転送量 無制限  
管理者権限 root権限付与  
SLA -
耐障害性 RAID RAID1
バックアップ -

コントロールパネル コントロールパネル 独自VPSコントロールパネル

管理ツール -

サポート マネージドサービス -
各種設定・セキュリティ対策他
設定代行 - 各種設定・アプリケーションインストール他
電話・メール 平日10:00~18:00、土日祝も対応(年末休みあり)
その他

おすすめプラン

accept.png最小プランのHDD 1Gプランは初期費用無料で月額980円と格安。また、容量重視ならHDDのプラン、性能重視ならSSDのプランをおすすめします。 さくらのVPSプラン一覧

メリット・デメリット、評判はどう?

メリット~こんな方におすすめです

VPSの性能を重視するならさくらのSSDタイプのプランがおすすめです。また、機能面と料金でコストパフォーマンスにも優れています。また、好みにあわせてOSも複数の中から選べるので目的にあわせて運用が可能となっています

まず、一番の特徴であるHDDとSSDが選べる点について、料金の安さコストパフォーマンスを重視するならHDDがおすすめです。一方で、サーバー性能の重視、サーバーの応答速度やウェブページ・ウェブアプリケーションなど多くのユーザに見てもらいたいようなサービスを展開するような場合はSSDがおすすめです。HDDは月額980円から利用できるのでVPSの業界でみてもかなり安いほうですね。また、OSが選べる点については一般的になっているCentOSの他、DebianやFreeBSDも選ぶことが可能です。FreeBSDのレンタルサーバーは珍しいので気になる方は要チェックです。

サーバーの運用体制については リージョン(設置箇所)が3つ(石狩/東京/大阪)から選ぶことができるのは面白いですね。災害対策などバックアップとして複数の箇所を指定して運用するのもありです。 その他、運用面としては24時間365日体制で専門の技術者が監視を昼夜問わず行っているということで万が一の障害にも対応します。なお、RAIDや冗長化による障害対策は基本として実施しています。

IPv6にも対応している(明言している)のはさくらくらいなのでIPv6のIPアドレスが欲しい場合はさくらで決まりですね。もちろん、IPv4のアドレスも標準で1つついてきます。※リージョンによってはIPv6の割り当てが2014年以降となるようなので念のためご確認ください。

デメリット~こんな方にはおすすめできません

さくらのVPSのデメリットとしては料金が安いのですが、サーバースペックを見れば他社よりも若干劣るところがあるでしょう。例えば、CPUやメモリ容量を見ると若干スペックが低いですね。ただ、それ以外は他のレンタルサーバーと変わりないのでディスク容量や機能面を重視するなら問題ないかと思います。

さくら VPSの口コミ・評判

さくらのVPS(Sakura VPS)の口コミは本当か?多くのウェブサイトで言われていること、評判はどうなのか。

VPSでHDDかSSDが選べる点、性能重視か料金重視かということで多彩なプランがある点、さくらは選びやすいかもしれませんね。SSDでも月額1,780円とそこそこ安いです。ただ、CPUとメモリ容量は若干他社に比べてスペックが低いので注意してください。

リージョン(サーバー設置箇所)が3つから選べるという点はかなり珍しいですね。バックアップとして確保するのが正しい使い方でしょう。また、ローカルネットワークが今無料で利用・追加できるのでサービスの規模が拡大した暁にはスケールアウトが容易に行えます。サービスの拡大の可能性がある方はさくらのVPSでスモールスタートするのもありだと思います。

さくらのキャンペーンとしては現在、2週間のお試し利用が可能なので、使い勝手が気になる方は申し込んでも良いでしょう。また、HDDの2Gプランはキャンペーン中、初期費用1,980円のところが無料になります(期間限定のため詳細は公式サイトでご確認ください)。


arrow_orange.gif詳細はこちら  さくら VPS


VPS一覧

ページの先頭へ


初期費用無料キャンペーン開催中】365日の電話対応だけでなく技術力が高いと評判の老舗レンタルサーバー「カゴヤ」は初心者から上級者まで人気のレンタルサーバーです。ディスクは標準でSDD搭載となって、高速稼働が可能なサーバーになりました。


ビジネス向け、個人でもスモールビジネスを行うなら100%稼働率のGMOクラウドはコスパも良いのでおすすめです。

Sun.png
おすすめランキングarrow_orange.gif総合ランキング
2017年12月版更新


※レンタルサーバーの機能と料金のコストパフォーマンス、今月のキャンペーンを加味してサーバー種別毎におすすめ順にランキング化しています。下記リンクよりご覧ください。

サーバーの種類別でサーバーを探す

共用サーバー おすすめランキング共用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif共用サーバーおすすめランキング

VPS おすすめランキングVPS おすすめランキングarrow_orange.gifVPSおすすめランキング

専用サーバー おすすめランキング専用サーバー おすすめランキングarrow_orange.gif専用サーバーおすすめランキング

BookMark.png
目的別・用途別
ランキング


目的・用途でサーバーを探す

コストパフォーマンスの良さで選ぶ

月額料金が安い・低価格・格安サーバー

サーバーの高稼働率・SLAで選ぶ

大容量サーバー・ディスク容量で選ぶ

ストレージにSSDが利用可能なサーバー

WordPress向け

お試し利用・無料体験が可能

ネットショップ・ECサイト向け

Windows Serverのプランあり

マルチドメイン数が無制限

日本語ドメイン利用可能

データベース(MySLQ等)が無制限

初期費用が無料

CRONが利用可能

グループウェア(サイボウズ)が利用可能


KDDIウェブコミュニケーションズが提供するCPIレンタルサーバーは容量無制限、マルチドメイン、データーベースも無制限、そしてSLA保証もついている最強の法人向けレンタルサーバーです。(もちろん個人利用もOKです)

レンタルサーバ比較.jp公式twitterアカウント

毎月更新!!レンタルサーバーのキャンペーン情報などをいち早くお届け!!



セキュリティ対策が充実している共用サーバーならWebARENA SuiteXがおすすめ!!NTTPCコミュニケーションズのサーバー稼働安定性も嬉しいポイントです。